働楽ホールディングス社長ご挨拶


株式会社働楽ホールディングス 代表取締役 西島富久

代表取締役 西島 富久

 私たちは『お客様のビジネスに貢献し、社会に貢献し、社員の人生を豊かなものにする』ことを経営理念に掲げて、IT技術を用いた様々なサービスをご提供申し上げています。多くのお客様からのご愛顧と様々な方々からのご支援、ご指導を賜っていますことに厚く御礼を申し上げます。
 
日本は少子高齢化・人口減少が進行し、GDPが伸び悩み、IT投資も伸びが期待できない厳しい経営環境にありますが、『イノベーションなくして成長なし、成長なくして企業存続なし!』の気概を持って事業に取組んで参ります。同時に「基本と正道を歩む」ことを行動の基本原則として、全社員が「誠実、まじめ、一所懸命」を心掛けて企業活動を行って参ることをまずお約束申し上げます。

 さて、私たち働楽グループは 持株会社 働楽ホールディングスによる一元的な経営方針と経営管理のもとで、事業会社5社:株式会社 IT働楽研究所、株式会社 富士ソフト技研、いきいきメディケアサポート 株式会社、エムプレスデータシステムズ 株式会社、MyanmarDRK Co., Ltd.の持ち味を活かしながら300名の社員が業務に従事しています。
 IT働楽研究所および富士ソフト技研は、アプリケーション・ソフトウエア開発および情報インフラシステムの開発から運用・管理を主力業務として事業展開
しています。特に情報インフラシステム開発には強みを持っておりまして、証券取引所やメガバンク様の基幹ネットワークの設計・構築など大規模かつ高性能・高信頼なシステム開発に多数の実績を有しています。

 急速な高齢化に伴って医療や介護・福祉サービスに対するニーズが日増しに高まり、対応策として政府は在宅ケア重視の政策を打ち出しています。

 医療・介護・福祉サービス業務の最前線で日夜ご活躍されているステーション様・事業者様の業務が少しでも軽減でき、効率化とスピードアップに繋がり、利便性をご提供することを目標にいきいきメディケアサポートでは使い勝手のよいアプリケーション・サービスをご提供申し上げています。

 クラウド型でサービス提供していますので、コンピュータに不慣れな方々にもお手数をお掛けすることなく、最新バージョンのサービスを全国「どこから」でも「いつでも」ご利用戴くことができ、高いご評価を戴いています。

 改善要望を適時フィードバックしながら、改良・進化させ続けています。
 昨今、社会起点のCSRとして『社会的な課題に取り組む』ことが叫ばれていますが、いきいきメディケアサポートではヘルスケア分野が抱える国家的命題解決にIT技術の活用によってお役に立つことを目標に、グループの重点テーマとして取り組んで参る所存でございます。

 さらに、グローバル化への対応の一歩としてミャンマー働楽を設立し、ミャンマーでのIT事業を緒につけました。アジア人と協同のグローバル・エンジニア集団を確立し、メコン経済圏へと事業拡大を図る考えでございます。

 エムプレスデータシステムズは組込み系システムなどで強みを発揮する高性能でセキュアなデータベースを用いたソリューションをご提供しています。また、これまでの経験の中で育ってきた若手エンジニアの力を結集して、最新のIoT技術を用いた新しいサービスを開発し、新たなマーケットニーズにお応えして参ります。
 私ども働楽グループに課せられた宿題は沢山あると認識しております。これからも『お客様に貢献し、社会に貢献すること』を第一と考えて、力の限り精進して参る所存でございます。変わらぬご愛顧とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2016年7月
株式会社 働楽ホールディングス
代表取締役 西島 富久