インターネットアーキテクチャと21世紀の社会基盤設計
 
【講 師】
東京大学大学院情報理工学系研究科
電子情報学専攻 教授 江崎 浩 氏

東京大学大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻 教授 江崎 浩 氏
【講師略歴】
1987年 九州大学 工学部電子工学科 修士課程 了。
同年4月 (株)東芝 入社。
総合研究所にて ATMネットワーク制御技術の研究に従事。
1990年より2年間 米国ニュージャージ州 ベルコア社、1994年より2年間 米国ニューヨーク市 コロンビア大学 Cseminar(Censeminare for Telecommunications Research)にて客員研究員。
高速インターネットアーキテクチャの研究に従事。
1994年ラベルスイッチ技術のもととなるセルスイッチルータ技術を IETFに提案し、その後、セルスイッチルータの研究・開発・マーケティングに従事。
IETFのMPLS分科会、IPv6分科会では、積極的に標準化活動に貢献している。
1998年10月より東京大学 大型計算機センター助教授
2001年4月より東京大学 情報理工学系研究科 助教授
2005年4月より現職(東京大学 情報理工学系研究科 教授)
WIDEプロジェクト代表、 MPLS-JAPAN代表、 IPv6普及・高度化推進協議会専務理事、JPNIC副理事長、ISOC(Internet Society)名誉理事(Emeritus Board of seminarustee)。 日本データセンター協会 理事/運営委員会委員長。工学博士(東京大学)

働楽研究塾への参加希望の方は、下記よりお願いします。

お問い合わせはこちら